HOME > 八女総合病院について

八女総合病院について

公立八女総合病院外観

昭和24年、戦後の混乱期で八女地区には病院はなく、開業医もほとんどいない状況の中で、住民は充分な医療を受けることができない状況でした。 そのような中、八女地区の民生委員(市町村により委任された民間の奉仕者)の尽力により、当院の前身である八女民生病院が設立。 以来、地域の中核病院として急性期病院に求められる救急医療の充実や高度医療機器の積極的な導入を進めてまいりました。 最近では、急性期病院に求められる外来の診療機能向上に対応し、利用される方々の利便性を高めるため、外来部門の大規模なリニューアル工事を実施。 外来化学療法室(アメニティーセンター)の拡張や各種検査室の集約化を行い、より良い医療の提供を目指しています。

病院長挨拶

Profile

病院長
平城 守

公立八女総合病院ホームページを訪ねて頂いてありがとうございます。 ホームページを開いて頂いた理由は、当院へ関心がある方、たまたまの方、当院へ不満をお持ちの方、いろいろかも知れません。 公立八女総合病院企業団では多くの職員が誇りと希望をもって医療に携わっております。安心を感じて頂き、病院を信頼して頂けるよう日々医療業務に取り組んでおります。日々の業務のなかでは行き届かないところも多いかと思います。職員はみな元気になってもらいたい、安心を感じてもらいたいとの思いと、同時に私どもの病院をよく知ってもらいたい、見てもらいたいと思っています。このホームページで少しでも病院のことをお伝えできれば皆さんの安心へ繋がるのではないかと思います。 このホームページだけでは私どもの思いのすべてをお伝えすることは出来ません。医療を必要とされている方、健康について不安のある方、医療に興味がある方、我々と一緒に仕事をしたいと思っておられる方、ぜひ私どもの現場を訪ねてみてください。当院の職員から少しでも安心と可能性を感じて頂けると嬉しく思います。 建物は少し古くなりました。しかし医療内容は常に最新の知識、技術を取り入れ、地域で完結する治療を目指しています。地域に安心を提供できる病院でありたいと、高度急性期医療、救急医療から緩和ケア、地域包括ケアまで取り組んでいる職員を誇りに思います。職員には、力をフルに発揮できる職場、働いて良かったと実感できる職場となるよう努力していきたいと思っています。

八女総合病院の特徴

八女総合病院で働く3つのポイント!!

安心の教育体制!

当院では、久留米大学医学部関連病院として医師・看護師をはじめとする人材の育成にも力を入れており、 必要な医療機器や設備の導入や研修も積極的に行っています。 また、地域がん診療連携拠点病院として指定されており、手術や放射線治療並びに化学療法をはじめとするがん治療の先進医療にも取り組み、 専門的な知識を深めることも可能です。入職後は、さまざまな不安もあると思いますが、 丁寧に指導してくれる先輩がたくさんいますので、安心してきてください。

働く環境も充実!

看護部では、「ワーク・ライフバランス」と「キャリアアップ支援」の視点に立った環境準備を進めています。 勤務体系は、2交代3交代ミックス型の夜勤体制の導入、さらに看護補助を多数配置し、看護師の負担を軽減。 また、祝日の休暇(勤務日は別日程で振替休日)はもちろんのこと、バースデー休暇制度、 さらには育児支援制度として育児短時間勤務制度を導入しています。 また、職員に対しては働く環境のケアとして専門機関によるカウンセリングを月2回実施。全力で、皆さんをサポートします。

OFFは、環境豊かな八女市で!

八女市は福岡県の南部に位置し、大分県及び熊本県と接する自然と伝統の薫る街です。 市街地から足を踏み出すと、春は桜・藤の花、しゃくなげ、夏はほたる、秋は紅葉・棚田の彼岸花という季節の花々・自然を愛でることができます。 市街地は城下町としての歴史を感じさせる街でもあり、 有名重要伝統的建造物群保存地区に指定された八女福島の街並みで町屋カフェも楽しむことができます。 また、生活にも便利な街で、24時間スーパー・ディスカウントストア、ショッピングセンターや電器店、温泉施設もあります。 足を延ばすと自動車で福岡市・熊本市まで60分、県南の中心都市久留米市まで25分で行くことができます。

八女総合病院で働く人たち
▲PAGE TOP