HOME > 看護師の一日・キャリアステップ

看護師の一日・キャリアステップ

日勤

配薬

自己管理が難しい患者様に朝食後の内服薬を配ります。この時に、その日の部屋持ちの患者様に一人ひとり挨拶していきます。

点滴づくり

担当の部屋の患者様が使用する点滴をミキシングします。処方箋を一つ一つみて、点滴の内容に間違いがないか確認します。

申し送り

夜勤の看護師から、各チームに分かれて夜間の患者様の情報などを、チームで共有します。

検温

担当の患者様を回り、身体的な変化はないか、全身状態を診ていきます。

申し送り

夜勤の看護師へ、一日担当した患者様の情報を伝えます。

夜勤

配薬、血糖測定、検温

日勤の看護師より申し送りを聞き、情報を得ます。

配薬、血糖測定、検温

夕食前の血糖測定や食前後の配薬、患者様の状態を診るために検温に回ります。

検査、点滴の確認、迎視

日勤帯で滴下する輸液の確認や、朝採血を行うためのスピッツの確認を行います。患者様の部屋を回り状態の変化がないか観察します。(2時間置きに適宜)

採血、血糖測定、経管栄養、検温、配薬

起きられた患者様から検温を行い、採血・経管栄養を開始します。
朝食前に血糖測定を行います。
配薬を行います。

申し送り

日勤の看護師へ、夜間の状態を申し送ります。

看護部の概要(2016年9月1日 現在)

看護師数 362名(正規職員330名{助産師17名}非正規職員32名)
一般病棟 300床   入院基本料 7対1入院基本料
急性期看護補助体制加算 25対1   手術室 5室
看護提供方式 パートナーシップナーシングシステム(PNS)
血液浄化センター 40床   夜勤体制 2交代3交代ミックス型
新人教育 部署に教育主任を配置し、部署配属後、2週間程度は、教育主任が専任として指導を行います。 新人看護師には決まった相談相手がいて、仕事の悩みなど精神面の相談・支援を行います。 日々の看護実践における指導は、実地指導者、チームメンバーが行います。
▲PAGE TOP