中堅看護師 真鍋新三郎

心臓リハビリチームのリーダーとして、包括的なチーム医療に取り組んでいます。

私の今の仕事は?

病棟での一般的業務のほかに、心臓リハビリチームのリーダーを任せていただいています。 心臓リハビリチームでは、臨床検査科やリハビリテーション、栄養科、薬剤科など、 他部署と連携しながら包括的にチーム医療を進めていくさまざまな活動を実施。 高齢者が多いこのエリアでは、患者さんの多くが「退院後は自宅に戻りたい」という思いを持たれていますが、 ADLや筋力の低下に伴い要介護となり、施設に入るといったケースも多くて。 患者さんやご家族への教育、要介護にならないためにリハビリ時期の見極めなどを通して、 成果が表れるときは嬉しいですし、その活動について学会発表を行い、 評価していただけることに、やりがいを感じています。

公立八女総合病院を選んだきっかけ

専門学校時代の実習先がここ八女総合病院でした。 実習中はとても熱心に指導していただき、心に響く看護を実践していることに共感しましたし、 「こんな看護師になりたい!」と思わせてくださる先輩に出会い、 その先輩と同じ病院で働きたいと思ったことが、当病院を選んだきっかけです。 実は、入職して6年が経った頃、違うことにチャレンジしてみたいという思いが強くなり、一度、当病院を退職したんですよ。 大学病院に勤務しましたが、ちょっと違うなと感じるところが多く、約1年後、再び当病院へ入職しました。 ここは、自分を必要としてくださっているという実感が持てますし、温かくて、働きやすい環境が気に入っています。

公立八女総合病院のいいところ

2013年の春、病気をしてしまい、当病院に約3カ月間入院したんですね。 その期間、自分が病棟から抜けてしまうことで、同僚たちに負担をかけてしまったのですが、 そんな大変な状況でも、皆さんが身体のことをいちばんに心配してくれ、また、看護師長や看護部長の思いやりも実感。 「この病院のために、何かしたい!」と思わせてくれる病院であるということは、当病院の魅力だと思いますね。 また、キャリアップや資格取得のためのフォローも充実しており、 私自身、呼吸療法認定士や内視鏡技師といった資格を取得することができました。 病院全体に、自分がやりたいことにチャレンジできる雰囲気があることも、この病院の魅力だと思います。

将来の夢

個人的なスキルアップとしては、エコーが扱えるようになりたいと考えています。 また、これまで自分が得てきた知識を後輩たちに広める活動にも取り組んでいきたいですね。 看護師全体のレベルアップを図ることで、患者さんに還元し、喜んでいただきたいですし、 患者さんの要求を満たすことで、ナースコールを押させない看護を目指していきたいと考えています。 また、当病院では、糖尿病教室や腎臓病教室、肝臓病教室などを行っていますが、 現在、心臓病教室を行うための準備に取りかかっています。入院患者さんに限らず、地域の皆さんに、 心臓病の知識を提供し、健康の維持に役立てていただきたいと思っています。

▲PAGE TOP