HOME > 先輩看護師のメッセージ > 5年目の看護師

5年目の看護師 井上美也子

充実した教育体制のもと、自分のペースで一歩ずつ着実に成長していきたい。

私の今の仕事は?

現在は、4階西病棟で、整形外科、皮膚科、内分泌代謝内科の患者さんを担当しています。仕事内容は、患者さんの情報収集をしたり、お薬を配ったり、検温をしたり、食事の介助をしたり。毎日忙しくしている中でも、患者さんと接したり、会話をしたりすることが好きなんですよね。普段から心がけているのは、一人ひとりに合った看護ができるように、可能な限りたくさんコミュニケーションを取って、患者さんを知ろうとすること。患者さんから感謝の言葉をいただいたり、回復されていく様子を見られることに、やりがいを感じています。

公立八女総合病院を選んだきっかけ

八女筑後看護専門学校に通っていたときの実習先がこちらでした。実習中、ターミナルの患者さんを受け持ったときに、お風呂に入りたいとおっしゃられた患者さんがいらっしゃって。危険な状況でしたが、ご本人の希望を尊重して、お風呂に入っていただいたんです。その後、すぐに亡くなられてしまったのですが、自分だったら、長く生きるよりも自分がしたいことをしたいなって思ったんですよね。そこは、人それぞれだとは思うのですが、患者さんが「こうしたい」という気持ちを尊重できることが、いちばん大切だということを学びました。この出来事をはじめ、看護師と患者さんの関わりがいいなと感じ、自分もここで働きたいと思ったことが、入職のきっかけです。

公立八女総合病院のいいところ

新人教育が充実しているところですね。入職直後の研修も、病棟に配属された後のフォローも、凄くしっかりしていると感じました。他の病院で働いている友人の話などを聞いていると、入職してすぐに夜勤があったりするみたいですが、当病院は、夜勤も先輩が付いてくださいますし、独り立ちしても、ベテランの方と一緒に入るので、凄く安心できました。また、地域性なのか、患者さんとも、院内のスタッフさんとも、人間関係がとてもいいんです。医師との距離も近く、質問には丁寧に答えてくれますし、私たちの意見も素直に聞いてくださるので、いい関係性を築けていると感じています。

将来の夢

医療はとても早いスピードで進化をしていきますが、その状況の中で、自分のペースでできる限り、わからないこと、できないことを減らしていきたいと思っています。また、現在私は、糖尿病教室などを開催する糖尿病委員会のメンバーとしても活動しているので、糖尿病の知識を深めるためにも、「糖尿病療養指導士」などの資格取得などにもチャレンジしてみたいですね。患者さんにとっては、どんな些細なことでも話してもらえるような存在になれるといいなと思っています。

▲PAGE TOP